足臭ニオイフェチの俺の満足プレイ体験

投稿日:2016年2月28日  カテゴリ:風俗

ニオイフェチの俺はデリヘル店に電話で、「足のクサイ風俗嬢をお願いします」と伝えました。自分でもつくづく変態と思います。到着した子をどうやって攻めるか妄想しました。と、いうか数日前からもう、妄想していました。

到着した子は…見た目は憶えていません。(俺にとってルックスはどうでもいいから…)でも革のブーツを履いていて良かったです!見た感じでたっぷり妄想出来るから、です。「下着姿のまま、ブーツは脱がないで」とお願いします。ブーツを履いた足はどんなニオイか…クサイに決まっています。ムレムレです。足の指や裏はぬめぬめ湿っているに違いありません。女の子の足って実はクサイんですから!

女の子のブーツ足を眺めながら、女の子は俺の乳首を吸ったり舐めたり噛んだりしています。俺はブーツを撫でます。「汗ばんで来た?」と、女の子に聞いてみました。女の子は「もうムレムレよ」と言いました。そこで、俺は興奮してブーツのジッパーを下ろさせました。ゆっくりと…。そしてニオイを嗅ぎます。

汗のニオイがします。酸っぱいニオイもします!俺はニオイを嗅ぎながら自分でチンコをしごきました。自分のペースでイキたいのです。女の子はブーツを脱ぎました。脱いだ後の足先のニオイを嗅ぎながら…たまらない~俺は思いっきり発射します。自分でもビックリするくらいの量が出ました。いいプレイでした。